油について

僕が健康オタクになった際に一番気にしたのが日常的によく使用する油でした。

 

脂質は三大栄養素のうちのひとつで、最も効率の良いエネルギー源で人が生きていくうえで欠かせないものです。

脂質は飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられますが、そのうち不飽和脂肪酸の重要性に気づきました。

飽和脂肪酸は動物性(牛や豚等の脂)で常温で固まる脂です。

それらの脂は摂取しすぎると中性脂肪コレステロールを増加させて、高脂血症動脈硬化をまねく危険性が高まってしまいます。

(適度に食べる分にはいいと思いますが)

 

逆に不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9に分類され常温で固まりにくい性質をもったもので、中でもオメガ3に分類される油は青魚(いわし・さんま・さば等)と、えごま油やアマニ油といった油はαリノレン酸が含まれており、血中の悪玉コレステロールを低下させ善玉コレステロールを増加させる効果があります。

ティースプーン1杯を加熱せずに毎日とれたらいいですね。

 

僕自身も元々悪玉コレステロールの値が高かったのですが、やがて善玉コレステロールが高くなりすぎてそれが引っかかってしまうということになりました(^^;)

ちなみに速水もこみち氏が大量に使うオリーブオイルですが、これはオメガ9に属しており身体にいいと言われてますが、あまり摂り過ぎも如何なものかと思います。

 

できたら取りたくない脂質としてトランス脂肪酸

食用油を高温で処理する(今話題のフライドポテト等)揚げ物、マーガリンやショートニングといった加工油を固まりやすくするために水素添加した際に発生する不飽和脂肪酸

これらは、身体にとって害としかいいようがないのが実情です。

とはいえ、今まで食べてきてるのも事実なので、できたらなるべく食べないようにしたいものと位置づければいいのかなと思います。

 

油について語りだすとまだまだ足りませんが今日はこのあたりで(^_^)/~~~